世界の高速鉄道と日本

アメリカの高速鉄道

世界各国を見ると、広大な土地を持っているところは無数にあります。移動をどうするのかというのは、歴史の中でも大きな意味を持ってくることがわかるでしょう。単一の国家として、広大な領土を持ち、時差も存在するのがアメリカです。

アメリカにも高速鉄道が存在します。メトロライナーを皮切りに、いろいろと開発されていきました。日本の新幹線が刺激となったことは有名ですが、現在ではフランスのTGVの技術から作られたアセラ・エクスプレスしか存在していません。

アムトラックが経営していますが、実は241km/hの実用速度しか持っていないのです。もともと航空機の利用が進んできた国であり、自動車大国でもあるアメリカでは、高速鉄道は定着しなかったといえるでしょう。

ただし、アメリカでも鉄道文化が定着しないというわけではありません。ビジネスということを考えても、さまざまな技術投入が考えられています。特に日本の新幹線は、安全性が高く、しっかりとした定時運転ができるということで、遅れが許されないビジネスの世界でも十分に活用ができると考えられているのです。特にテキサス州では導入が進んでおり、日本の新幹線が見られる日が遠からず訪れるでしょう。